HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ルンドベック・ジャパン】ダール社長「CNSの患者掘り起こす」‐営業体制構築で新展開

2019年11月28日 (木)

クリストファー・ダール氏

クリストファー・ダール氏

 ルンドベック・ジャパンのクリストファー・ダール社長は、本紙のインタビューに対し、9月から国内で営業活動を開始したことを受け、「長期的な戦略として、日本で総合的な製薬企業になることを目標としている」と展望を語った。中枢神経系疾患(CNS)領域のスペシャリティファーマとして、精神疾患の日本人患者が抱えるニーズを掘り起こし、「グローバル本社に新しい治療や適応で開発を提案できる体制となっている」と述べ、日本法人が主体の医薬品開発にも意欲を示した。

 ルンドベックはデンマークに本社を持つCNSに特化したグローバルファーマで、日本法人を2001年に設立。開発機能を保有し、販売は国内製薬企業に外部委託する事業を展開してきたが、9月に自社創製品のうつ病治療薬「トリンテリックス」が国内承認され、武田薬品との共同販促を通じて、営業活動を開始することになった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報