HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【3Dマトリックス】日本市場に本格参入‐吸収性局所止血材を展開

2019年11月28日 (木)

 国内医療機器ベンチャーのスリー・ディー・マトリックスは、消化器内視鏡治療で用いる吸収性局所止血材「TDM-621」で日本市場に本格参入する。既に欧州と豪州で販売中だが、10月に国内で承認申請を行った。承認後は扶桑薬品が販売し、消化器内視鏡治療分野の止血材として大型製品に育成していく。

 同社は2004年に設立し、マサチューセッツ工科大学で発見された自己組織化ペプチド技術をもとに、外科医療や再生医療、細胞治療、創薬技術の4領域で応用技術を開発している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報