HOME > 無季言 ∨ 

子どもも1人の患者として

2019年12月25日 (水)

◆あるベテランの薬剤師は、子どもの患者に対して積極的に話しかけるよう心がけているという。まずは下の名前を呼び、「この薬にはこういう働きがあって、しっかり飲むと早く良くなるんだけど飲めるかな」と聞くと、嫌がっていても多くの場合、「飲む」と言うそうだ
◆ポイントは子どもでも1人の患者として対応すること。子どもだからといって親とばかり話をするのではなく、子どもを1人の患者と捉え、意思を聞こうとする姿勢が大事になる。本人の意向を尊重しようとする姿勢を見せると、安心して落ち着くため、大抵の子どもは嫌がっていても薬を「飲む」という。その結果、しっかりした服用につながっているようだ
◆乳幼児期を除き、最初の薬との出会いとなる場面で薬剤師が職能を発揮し、治療に取り組もうという意欲を引き出すことができれば、医療への信頼感にもつながる
◆そこで薬剤師が良い仕事をすれば、おそらく一生頼りにされるのではないだろうか。薬剤師に対する評価が変わるきっかけにしてもらいたい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報