HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【長崎大/神戸医療都市】新薬研究開発で協定締結‐海洋微生物やサメを活用

2020年01月22日 (水)

福島雅典氏(左端)と田中義正氏(右端)ら

福島雅典氏(左端)と田中義正氏(右端)ら

 長崎大学と神戸医療産業都市推進機構は16日、包括連携協定を締結した。長崎大は2012年に先端創薬イノベーションセンターを設け、創薬に力を入れてきた。長崎近海のサメの抗体を使った次世代型の抗体医薬品や海洋微生物から抽出した化合物を使った新薬の開発に向けて、同機構の医療イノベーション推進センター(TRI)の支援を受ける。両者の資源や機能を共有してシーズの実用化を目指す。

 長崎大は、海に近い地域特性を生かした海洋資源由来の創薬シーズ探索に強みがある。サメの重鎖抗体を使ったナノボディ抗体の開発に取り組んでおり、低価格で抗体医薬を提供できるようになる可能性がある。その他、ウニやカニなどに付着した海洋微生物が産生する代謝物から探し出した新薬の候補物質を保有する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報