HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

医療限定で特別法制定を‐新潟大・鈴木教授、個人情報活用の問題指摘

2020年02月10日 (月)

鈴木正朝氏

鈴木正朝氏

 新潟大学法学部の鈴木正朝教授は5日、都内で講演し、医療情報の利活用に関する問題点に言及。「非個人情報化した匿名加工情報の解析では、医療分野で因果関係的な知見を得るのが難しい」と指摘し、個人情報の類型となる「医療仮名化情報」を本人の同意なく第三者に提供できる環境整備を求めた。個人情報の取り扱いについては、現行の個人情報保護法制での運用ではなく、「医療個人情報に限定した特別法を制定する必要がある」との考えを示した。

 医療情報の利活用をめぐる国の政策は、膨大なデータをもとに解析する医療ビッグデータ政策から、正確なデータを用いてより高いエビデンスを創出していく医療クオリティデータ政策に向きつつある。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報