HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【都が協議会】医師の不安感、依然高く‐後発品調査結果めぐり議論

2020年02月10日 (月)

都が協議会

 東京都は4日、後発品安心使用促進協議会を開き、都が実施した後発品に関するアンケート調査結果を報告した。1425人の患者を対象に後発品の認知度を尋ねたところ、96.4%が「聞いたことがある」と回答した一方、6割以上の病院、診療所が後発品に「不安感がある」と回答しており、依然として医師の不安感が根強いことが分かった。

 アンケートは、昨年9月14日~10月8日にかけて病院、病院医師、診療所、薬局、薬局訪問患者、保険者を対象に実施したもの。その結果、患者の後発品に対する認知度は高いものの、6割以上の病院、病院医師、診療所が後発品に対して「不安感がある」「どちらとも言えない」と回答した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報