HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【シンバイオ製薬が中計】22年に売上108億円目指す‐「トレアキシン」自販体制へ

2020年02月14日 (金)

 国内バイオベンチャーのシンバイオ製薬は、2020~22年の3カ年中期経営計画を発表した。21年に営業黒字に転じ、22年に売上高108億円、営業利益15億円、当期純利益17億円を目指す。自販体制を構築し、主力の血液癌治療薬「トレアキシン」の価値最大化を図る。

 中計では20年に売上高34億円、営業赤字51億円を見込み、エーザイに販売委託しているトレアキシンの自社販売が始まる21年に黒字化を目指す。20年上半期に全国レベルでの営業組織を構築し、21年にはエーザイから引き継ぐ形で、血液領域に特化した専門チームが自社販売を開始する予定である。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報