HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【新型肺炎】初期症状は「かぜ」‐重症化傾向あれば相談を

2020年02月17日 (月)

阪大・朝野氏が強調

朝野和典教授

朝野和典教授

 大阪大学大学院医学系研究科の朝野和典教授は4日、大阪市内で開かれた研修会で、新型コロナウイルスについて「かぜ様の症状から肺炎になって重症化していくことが新型肺炎の一般的な経過」との見解を述べた。症状があっても、国が定める症例定義に当てはまらない患者は検査できず、感染の有無を判定できない。朝野氏は「呼吸困難や脱水症状など重症肺炎の傾向があれば、医療機関に連絡するよう患者に啓発してほしい」と訴えた。

 新型肺炎の感染者は咳や痰など、かぜに似た初期症状がしばらく続いた後、呼吸苦など肺炎の症状を生じるという経過を辿る。糖尿病や癌などの基礎疾患を持つ人や、高齢者は重症化しやすい。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報