HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬近畿大会で報告】助手活用で本来の業務推進‐抗癌剤ロボットが不可欠に

2020年02月27日 (木)

日病薬近畿大会で報告

 薬剤助手やロボットを活用した病院薬剤師の業務構築の取り組みが、神戸市で開かれた日本病院薬剤師会近畿学術大会のシンポジウムで報告された。各病院では、業務フロー図を組み込んだマニュアルを作成したり、間違いのリスクを回避するシステムを導入して、薬剤師と薬剤助手がうまく連携できるよう工夫している。抗癌剤自動調製ロボットの導入によって、薬剤師のマンパワーの効率的な活用につながったことも示された。

 荒木隆一氏(市立敦賀病院医療支援部)は、2015年以降、薬剤助手の本格導入に踏み切ったと説明。「300床台の病院で薬剤師が約10人しかいないという状況下で、SPDのスタッフや薬剤助手、機器を導入して、これらを組み合わせることにより何とか業務を回してきた」と振り返った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報