HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和キリン】「ジーラスタ」自動投与デバイス、国内臨床試験を開始

2020年02月27日 (木)

 協和キリンは、発熱性好中球減少症発症抑制剤「ジーラスタ」(一般名:ペグフィルグラスチム)の新剤形となる自動投与デバイスについて、国内臨床試験を開始した。安全性を検討する第I相試験という位置づけだが、同試験終了後に国内申請を行う予定。

 同剤は癌化学療法による発熱性好中球減少症の発生抑制を適応としており、被験者30人を対象とした多施設共同非対照非盲検試験で安全性を評価する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報