HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京都】1物品から「タダラフィル」‐通常量の120倍相当検出で注意喚起

2020年02月27日 (木)

 東京都は、危険ドラッグの調査目的でインターネットの販売サイトから試買した物品の成分検査を行ったところ、1物品から医薬品成分である「タダラフィル」1200mgを検出したと発表した。検出されたタダラフィルの成分は、医薬品として通常使用量の120倍に相当するものだった。都は、物品に用法・用量の記載がないことから、全ての用量を1度に摂取することも考えられるとし、「間違いなく副作用につながり、死亡することも考えられる」と注意喚起した。

 都は、危険ドラッグによる健康被害の発生を未然に防ぐため、危険ドラッグの試買調査・成分検査を行っている。今回、成分が検出されたのは、「ハイテンション・コーク・パウダー」という白色袋入り白色粉末の物品。1袋1.3g内に「タダラフィル」を1200mg含有していることが判明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報