HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

新型コロナウイルス検査、迅速診断法開発へ動き急‐保険適応受け、競争激化

2020年03月11日 (水)

 新型コロナウイルス検査の保険適用を受け、各研究機関や検査薬メーカーは新型コロナウイルスに対する迅速診断法の開発を急ピッチで進めている。神奈川県衛生研究所と理化学研究所、産業技術総合研究所と杏林製薬が共同開発しており、国立感染症研究所もキヤノンメディカルシステムズや富士レビオと共同で診断法の開発に着手した。アカデミアの研究成果を出発点に、産学連携が活発化する一方、バイオベンチャーでも血液や唾液1滴で実施可能な簡易的な診断法の開発に乗り出すなど、各社の開発競争が激しくなっている。

 新型コロナウイルス検査をめぐっては、6日から遺伝子検査(PCR検査)が保険適用となったことを受け、エスアールエルなどの複数企業が臨床検査の受託開始を発表。感染研のマニュアルに準拠した検査法を導入し、検査拠点の拡大を図っている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報