HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】必要な医療体制構築を‐新型肺炎の患者増に備え

2020年03月11日 (水)

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策推進本部は6日付の事務連絡で、同ウイルスによる患者数が大幅に増加した際に必要な医療提供体制を構築するよう都道府県に求めた。具体的には、帰国者・接触者外来の増設、がんセンターや産科医療機関など感染症が疑われる人の外来診療を原則的に実施しない医療機関を設定することなどを要請。各地域におけるピーク時の患者数を算出した上で、医療需要の目安として活用することも求めた。

 事務連絡では、国内で感染症患者が大幅に増加した時に備えた医療提供体制の確保を求めた。外来診療では、帰国者・接触者外来の増設や、感染症が疑われる人の外来診療を担当する医療機関を一般の医療機関から設定することとした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報