HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【血液事業部会】2年連続で価格据え置き‐原料血漿の標準価格

2020年03月13日 (金)

 厚生労働省は、2020年度の免疫グロブリン等の血液製剤に用いる原料血漿の標準価格を2年連続で据え置く案を薬事・食品衛生審議会血液事業部会に示し、了承された。20年度の原料血漿価格は、凝固因子製剤用が1リットル(L)当たり1万2210円、その他の分画用製剤が1万1180円。従来の原価計算方式で算出した価格は前年度より高額となったが、血液を供給する日本赤十字社が経営改善を進めることなどの対応で前年度と同額に抑えた。

 原料血漿の価格は、血液の確保から供給までに必要な検査員や事務職員等の人件費、輸送費、貯留保管費等をもとに算出する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報