HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA調査】約8割で来局患者減少‐新型コロナ感染の影響大きく

2020年03月24日 (火)

南野利久会長(左)と首藤正一副会長

南野利久会長(左)と首藤正一副会長

 日本保険薬局協会(NPhA)は、会員企業に実施した新型コロナウイルス感染症に関するアンケートの結果を公表した。それによると、調査期間(9日~13日)における患者の来局状況は、前年同時期と比べて「3割以上減っている」とした保険薬局が7.8%となったほか、「減っている」との回答が約8割に上っており、大きな影響が出ていることが分かった。

 アンケートの有効回答数は128社。今回の調査について、南野利久会長(メディカル一光)は「国家の危機と言える状況の中、われわれも医療の一翼を担う薬局として、関係機関等と連携しながら対応していかなければならない。国民の健康を守り、企業に勤める社員の安全性も確保しなくてはならない」とし、「いつでも情報共有できるようにしたいというのが目的であり、会員企業も危機感を持っている。何かあった際には協力できる体制は整う」と強調した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報