HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ニザチジン、全品目で基準下回る‐製販業者の分析結果公表

2020年04月08日 (水)

 厚生労働省は、H2受容体拮抗剤の「ニザチジン」中の発癌性物質N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)の含有量について、製造販売業者による分析結果を公表した。全品目で暫定基準値(0.32‌ppm)を下回り、一部品目のロットでは暫定基準値を上回ったものの、自主回収され市場に流通していない。

 NDMA含有量の分析を行った品目のうち、沢井製薬の「ニザチジンカプセル75mg『サワイ』」「同150mg『サワイ』」、東和薬品の「ニザチジンカプセル75mg『トーワ』」「同150mg『トーワ』」、ニプロESファーマの「ニザチジンカプセル75mg『タナベ』」「同150mg『タナベ』」、マイラン製薬の「ニザチジンカプセル75mg『ファイザー』」「同150mg『ファイザー』」、陽進堂の「ニザチジンカプセル75mg『YD』」「ニザチジン錠150mg『YD』」、ゼリア新薬の「アシノン錠150mg」「アシノンZ錠」「アシノンZ錠胃腸内服液」では、NDMAの含有量が暫定基準値である0.32‌ppmを下回ることが確認された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報