HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ギリアド・サイエンシズ】レムデシビル、約7割が臨床的改善‐新型コロナ患者で国際研究結果

2020年04月17日 (金)

 新型コロナウイルス感染症の重症患者53人を対象に、抗ウイルス薬「レムデシビル」の人道的使用を目的に投与した国際コホート研究を分析した結果、68%の患者で臨床的改善を示したことが医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で発表された。同剤は未承認薬で、今回得られた有効性・安全性の結果は限定的なものであることから、レムデシビルの開発を行うギリアド・サイエンシズは、現在実施中の第III相試験で詳細な検討を行う方針。

 コホート研究では、レムデシビルの人道的支援を通じて、3月7日以前に同剤を1回以上投与された米国、欧州、カナダ、日本における入院中の新型コロナウイルス重症患者53人を対象に、同剤を静脈内注射した際の有効性・安全性を評価した。患者は全員同ウイルス感染による重度急性呼吸器症状が出ており、3分の2近くは人工呼吸器を使用し、そのうち4例は体外式膜型人工肺(ECMO)を使用していた。全体の約7割が高血圧、糖尿病などの併存症を持つ60歳以上の男性であった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報