HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士フイルム】「アビガン錠」の増産開始‐9月に約30万人分体制へ

2020年04月17日 (金)

 富士フイルムは15日、新型コロナウイルス感染症治療薬として開発中の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(一般名:ファビピラビル)の生産体制拡大に向け増産を開始したと発表した。同グループ子会社の設備増強と国内外のパートナー企業との連携により、7月には約10万人分、9月に約30万人分の生産体制実現を目指す。

 富士フイルムは政府からアビガンの増産要請を受け、3月上旬から同剤の生産を開始している。増産に向けて子会社「富士フイルム和光純薬」が保有する医薬品中間体の生産設備に約1億円の投資を行うことにより生産体制の増強を図るほか、国内外のサプライチェーン全体でパートナー企業と連携し、増産体制の構築を目指す。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報