HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ワクチン開発で連携協定‐新型コロナ、大阪府など6者

2020年04月20日 (月)

「早ければ9月に実用化」

会見する吉村大阪府知事(右)と松井大阪市長

会見する吉村大阪府知事(右)と松井大阪市長

 新型コロナウイルス感染症が急速に拡大する中、大阪府と大阪市は14日、新型コロナウイルス感染症の予防ワクチン、治療薬などの研究開発に向け、、公立大学法人大阪、府立病院機構、大阪市民病院機構など6者で連携協定を締結したと発表した。記者会見した吉村洋文知事は、予防ワクチンについて「早ければ7月から治験を開始し、9月には実用化を図りたい」と説明。年内にも10万~20万単位でワクチンを投与できるとの見通しを示した。

 今回の連携協定の締結により、関係機関が連携し、新型コロナウイルス感染症の予防ワクチン、治療薬などの実現に向け、治験や臨床研究の早期実施や研究開発の情報共有に取り組む。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報