HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬/基盤研】次世代型ワクチン共同研究‐大半のインフルに効果

2020年05月08日 (金)

 大日本住友製薬と医薬基盤・健康・栄養研究所は、インフルエンザウイルスに幅広く効果を現す次世代型ワクチンの実用化に向けた共同研究契約を締結した。流行ウイルス株と変異を起こした亜型のウイルスに広く効くワクチンで、1回の投与で約3~5年間は感染を予防できる可能性がある。既に前臨床試験を進めており、3年以内をメドに臨床試験を始めたい考え。

 共同開発を進めている次世代型ワクチンは、抗原変異で感染予防効果が失われるという既存のインフルエンザワクチンの課題を克服できる可能性がある。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報