HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬害オンブズ会議】「アビガン」、過剰な期待に警鐘‐治験で有効性の証明必要

2020年05月07日 (木)

 薬害オンブズパースン会議は、富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)について、「観察研究」として行われている適応外使用や承認申請された場合に慎重な対応を求める意見書を加藤勝信厚生労働相に提出した。同会議は、アビガンが季節性インフルエンザの治療薬として承認申請されたものの、「タミフル」との比較で非劣性が示せなかったばかりか、プラセボと比較した堅固な有効性の証明にも失敗した「極めて異例の手続きで承認された薬剤」と指摘。新型コロナウイルス感染症治療薬として、過剰とも言える期待を集めている状況に強い危惧を示した。

 意見書では、季節性インフルエンザを対象としたアビガンの臨床試験で「プラセボに対する優越性を示すことができたのは1つのみである」と指摘。それにも関わらず、備蓄用という特殊な承認条件で承認されたアビガンが、新型コロナウイルス感染症治療薬として過剰な期待を集めていることに警鐘を鳴らした。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報