HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国立国際医療研究センター薬剤部】新型コロナ対応でマニュアル‐感染患者の受入れ経験共有へ

2020年05月11日 (月)

寺門浩之氏

寺門浩之氏

 感染症指定医療機関として新型コロナウイルス感染症患者を受け入れている国立国際医療研究センター病院で診療支援を行っている同院薬剤部は、感染リスクを最小限にし、感染疑いの患者や入院患者に対応するためのマニュアルをまとめた。寺門浩之薬剤部長は、「今後さらに患者が増えれば、指定医療機関以外の病院でも薬剤師が医師、看護師などとチームで対応していかなければならなくなる」と指摘。「マニュアルを参考にしてもらい、積極的に関わる薬剤師が増えることを期待したい」と話している。

 同院では、患者の症状に応じて一般病棟(感染疑い患者)、陰圧病棟(中等症患者)、ICU病棟(重症患者)に振り分け、それぞれの病棟で薬剤師が必要な対応を行っている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報