HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アストラゼネカ】コロナワクチン、国内供給へ政府と協議‐第一三共、明治と協業の方針

2020年06月29日 (月)

 アストラゼネカ(AZ)は26日、英オックスフォード大学とグローバルで開発を進める新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」の国内の安定供給に向け、日本政府と協議を進めることに合意したと発表した。第一三共、明治グループのMeiji Seika ファルマ、KMバイオロジクスとは国内安定供給に向けた協議を開始し、海外生産拠点から原液の供給を受けた後に、第一三共と明治グループのワクチン製造・保管などの製剤化や流通機能を活用することで、国内での供給体制を構築する方針だ。

 「AZD1222」は、オックスフォード大学が開発した遺伝子組み換えアデノウイルスワクチンで、英AZが同大学と4億回分ワクチンを供給する契約を締結した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報