HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】協会けんぽ静岡から事業受託‐地域フォーミュラリーで

2020年08月06日 (木)

 日本調剤は、ジェネリック医薬品の普及、有効活用を目指し、欧米など先進国で普及しているフォーミュラリーの作成を通じた医療費削減と標準薬物治療の確立に取り組む中、全国健康保険協会静岡支部(協会けんぽ静岡支部)から地域フォーミュラリー策定に向けた事業を受託してきたが、2020年度も「協会レセプトデータの分析によるフォーミュラリー策定に向けたデータ作成業務」を受託した。

 同社は18年度から、協会けんぽ静岡支部の「協会レセプトデータをもとにした地域フォーミュラリー創出」に向けた事業を受託しており、18年度は静岡県内で対象となる四つの薬効群(ACE阻害薬/ARB、HMG-CoA還元酵素阻害薬、経口プロトポンプ阻害薬〈経口薬〉、経口ビスホスホネート系薬)に地域フォーミュラリーを導入した場合の医薬品費削減効果を算出した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報