HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ベトナムで日本型国試導入‐標準薬学教育課程を整備へ

2020年08月07日 (金)

3年後に約30大学メド

 ベトナムは、日本が実施している薬剤師国家試験の導入を目指す。医学アカデミーのグループ会社「薬ゼミ情報教育センター」がベトナム保健省、ハノイ薬科大学から国家試験開発の協力要請を受け、各大学でバラツキがある薬学教育カリキュラムの統一化を図り、国試のひな形となる共通卒業試験の仕組みを構築する。日本の薬剤師国試を導入するのは、アジアでキルギスに続き2カ国目となる。ベトナム国内の2大学を皮切りに、3年後をメドに約30大学で標準薬学教育カリキュラムの整備を目指す。

 厚生労働省とベトナム保健省は昨年、ヘルスケア・健康分野で協力覚書を調印し、医療人材の開発などで連携を開始した。カリキュラム整備事業は、国立国際医療研究センター(NCGM)が主体となって実施する厚労省から委託された2020年度医療技術等国際展開推進事業の一環で、7月から来年2月にかけて実施される。NCGMから最大3年間にわたって助成金を受け、薬ゼミ情報教育センターが事業を進める。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報