HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ブラックストーン/TCHC】5~10年で新規上場目指す‐OTC他社買収も視野に

2020年09月08日 (火)

 米系投資ファンドのブラックストーングループの企業投資部門日本代表の坂本篤彦氏は3日、武田コンシューマーヘルスケア(TCHC)と合同で記者会見し、来年4月に買収を決定したTCHCの方向性について「積極的にヒト、モノ、カネを投資し、独立企業としての成長を促したい」との考えを強調。今後、OTC医薬品事業を展開する同業他社の買収も視野に入れつつ、5~10年の期間で新規株式上場を目指していく方針を示した。TCHCの野上真理社長は「最優先戦略であるアリナミン、ベンザのメガブランド化、中華圏への進出を考えると、今回の株式譲渡の決定は非常に大きな変化でチャンス」と期待を寄せた。

 坂本氏は、TCHCの詳細調査を行った結果として「アリナミンやベンザに代表されるブランドが品質や効能で消費者から高い支持を得ていることや、会社の組織力や文化も高く評価した」と説明。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報