HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】07年結核登録者、人口10万対で20人切る”新規患者の半数が高齢者

2008年9月30日 (火)

関連検索: 厚生労働省 厚労省 結核

 厚生労働省は、全国の保健所を通じて報告された2007年の結核登録者の状況を公表した。人口10万人当たりの罹患率は前年から0・8ポイント減って19・8人となったが、患者は未だに年間2万5000人以上発生している。日本の罹患率は、カナダや米国の4倍以上にもなっており、WHOの定義によれば「結核中蔓延国」となる。

 07年の結核患者の登録数は2万5311人で、前年より1073人減少した。ただし、05年から06年には1・6ポイント減少したのに比べると、やや減速している。

 都道府県別の人口10万人当たりの罹患率は、大阪府が最も多く33・7人、次いで東京都の25・9人、長崎県の24・6人となる。登録患者が最も少ないのは長野県の10・3人で、宮城県の11・5人、山形県の11・9人と続く。市区町村では大阪市が52・9人、名古屋市が30・6人、東京都特別区は29・3人と、大阪市を筆頭に大都市に高い傾向が見られる。

 高齢結核患者は増加傾向にある。新規に登録された結核患者に占める70歳以上の高齢結核患者の割合は、06年から0・9ポイント増加して47・9%と、半数に近づきつつある。

関連リンク
関連検索: 厚生労働省 厚労省 結核



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録