HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhAが調査】フォロー後に連携、約7割‐処方変更や経過改善など

2020年09月18日 (金)

 日本保険薬局協会(NPhA)は、服用期間中フォローアップ事例と成果を集めた調査結果を公表した。それによると、今回報告された事例のうち、フォローアップ後に処方医への情報提供など連携につながった事例が73%と約7割に達し、処方変更や経過改善など何らかの成果につながった事例が95%とほどんどの事例で見られたことが分かった。

 調査期間は7月14日から8月31日で、報告数は会員20社282薬局からの525事例。主な調査結果を見ると、フォローアップ後に処方医への情報提供など連携につながった384例のうち、疑義照会を行った事例は110件(21%)となった。トレーシングレポートによって情報提供を行った事例が221件(42%)、処方提案を行った事例が70件(13%)となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報