HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省調整会議】全ゲノムDB構築へ議論‐解析方法など検討事項提示

2020年09月30日 (水)

 厚生労働省の「がん全ゲノム解析等連絡調整会議」は25日に初会合を開き、日本人の癌全ゲノム解析から研究や創薬に広く活用していく全ゲノムデータベースの構築に向けた議論を開始した。全ゲノム解析のデータ収集・解析方法など、創薬の産業利用を進めるために必要な事項を今年度をメドに取りまとめ、「がんに関する全ゲノム解析等の推進に関する部会」に報告する。報告内容は全ゲノム解析を推進する国の施策に生かす。

 癌の全ゲノム解析は、一人ひとりの治療精度を向上させ、治療法のない患者に新たな治療を提供するなど個別化医療への貢献が期待されている。厚労省は昨年12月、ヒトの遺伝情報を網羅的に解析する全ゲノム解析について、癌と難病領域における数値目標などを示した「全ゲノム解析実行計画」をまとめ公表した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報