HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第一部会】「フォシーガ」の一変了承‐「エベレンゾ」一変も報告

2020年11月02日 (月)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は10月29日、アストラゼネカの糖尿病治療薬「フォシーガ錠」(一般名:ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物)の一部変更承認申請を審議し、了承した。また、アステラス製薬の腎性貧血治療薬「エベレンゾ錠」(ロキサデュスタット)の一部変更承認申請の報告を受けた。厚生労働省は、今月中をメドに承認したい考え。

〈審議品目〉

 ▽フォシーガ錠5mg同錠10mg(アストラゼネカ):有効成分のダパグリフロジンプロピレングリコール水和物を含有する糖尿病治療薬で、新たに、慢性心不全の標準的治療を受けている患者に限定した慢性心不全を効能・効果に追加した。同疾患を効能・効果とするSGLT2阻害薬の登場は初めてとなる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報