HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【WHO/ICMRA】ワクチン提供で共同声明‐適切設計の臨床試験優先を

2020年11月20日 (金)

 世界保健機関(WHO)と薬事規制当局国際連携組織(ICMRA)は、安全性と有効性が確保された新型コロナウイルス感染症ワクチン、治療薬を早期に提供するために関係組織が取り組むべき施策をまとめた共同ステートメントを公表した。規制当局間がリアルタイムでデータを共有すること、承認後の使用状況を監視して安全性・有効性の問題を特定、軽減できるよう協働することなどを盛り込んだ。

 新型コロナウイルスに対するワクチン、治療薬の開発が進む中、安全で有効なワクチン等を患者に早期に提供するため、ステートメントではWHOとICMRAが公的保健機関等と協働して取り組むべき施策を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報