HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言‐「現場に影響、由々しきこと」

2020年11月20日 (金)

 厚生労働省医薬・生活衛生局の鎌田光明局長は17日の参議院厚生労働委員会で、後発品の回収事案が相次いでいる現状について「現場に大きな影響、迷惑をかけているのは由々しきこと」との認識を示した。本田顕子議員(自民党)の質問に対する答弁で、厚労省が後発品の品質問題に厳しい現状認識を持っていることが分かった。

 後発品をめぐっては、最近では大手後発品メーカーの日医工が抗生物質製剤や鎮咳剤など複数の品目を対象に自主回収に踏み切るなど、回収事案が相次いでいる。鎌田氏は「製薬企業の不適切な医薬品の品質管理、製造管理が原因で回収が度々発生していること、特に最近は後発品メーカーで大きな事案が続いたことで現場に大きな影響、迷惑をかけていることは由々しきこと」と述べた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報