HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【IQVIA】国内医薬品市場、25年までマイナス‐特許品は二桁成長期待

2020年11月30日 (月)

 IQVIAは24日、2025年までの国内医療用医薬品市場は緩やかなマイナス成長が続き、25年度は10.4~10.6兆円となる見通しを発表した。21年度以降の自律成長は4~5%の水準を確保するものの、毎年薬価改定の影響で相殺されると予測。ただ、新薬を含めた特許品市場は二桁成長が期待でき、市場全体がマイナス成長の中で大きな成長力があると見通した。新型コロナウイルス感染症の影響は、20年度に1500~1700億円のマイナスを見込み、来年度以降は影響が小さくなると予測した。

 同社が開いたセミナーで、25年までの国内医療用医薬品市場の展望と新型コロナウイルス感染症の影響を9月時点のデータをもとに予測したもの。国内医療用医薬品市場については、今後5年でマイナス0.9~0.1%の緩やかなマイナス成長が続き、25年度には10.4~10.6兆円になると予測した。20年度の市場見通しである10.6~10.8兆円から2000億円程度の縮小となる見通しである。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報