HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

主要医薬品卸の21年3月期中間決算概況‐コロナの影響大きく各社減収減益に

2020年11月30日 (月)

 日本の医薬品卸業界は、薬価改定やジェネリック薬使用促進などの医療費抑制策の進展と、価格競争の再燃で市場価格の混乱を招いたほか、新型コロナウイルス感染症の拡大による患者の受診抑制、メーカー・卸の営業活動制限などが影響して、2021年3月期中間決算は、主要医薬品卸各社は全て減収減益の結果となった。主要各社の連結、セグメント別の中間期業績と通期業績予想を示す。

メディパルホールディングス

 連結売上総利益は1070億円(対売上比6.74%)、販管費890億円(5.61%)、営業利益率1.13%、経常利益率1.51%であった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報