HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京都】薬局に協力金1日3万円‐年末年始の供給体制確保

2020年12月25日 (金)

 東京都は、29日~来年1月3日の年末年始に、診療・検査を実施する医療機関と連携して開所する調剤薬局に対し、1日3万円の協力金を支給すると発表した。8時間以上開所していることが条件で、都民が年末年始に受診でき、必要な薬を受け取れる体制の確保を目指す。薬局への協力金に対する支出については、都の財源から約1億円を充てる。

 都は、発熱患者に対応する医療機関として約3200施設を指定している。休日診療を行う医療機関には連携する当番薬局が対応していたが、新型コロナウイルス感染症のみならず、インフルエンザや他の感染症も拡大が予想されることから、年末年始の診療・検査医療機関、調剤薬局の体制を確保する必要があると判断。対応した医療機関や薬局に対し、協力金を支給することを決めた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報