HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【神戸市】ワクチン接種で4者連携‐薬剤師会が体制構築に参画

2021年02月15日 (月)

 神戸市は、神戸市薬剤師会、神戸市医師会、神戸市民間病院協会と合同で新型コロナワクチン接種連携本部を設置した。4月開始予定の高齢者へのワクチン接種に向けて、それぞれが専門的な視点や知見を持ち寄り、円滑な接種体制を構築するため議論を進めている。薬剤師の役割は現時点では未定だが、神戸市薬の会員が持ち回りで集団接種会場へ出向いてワクチンの管理や調製を行うなど、何らかの業務を担当することになりそうだ。

 神戸市は、優先接種対象の65歳以上の高齢者約43万人への1回目のワクチン接種について、4~6月の約3カ月間で終えることを目指して体制を構築する。市内約800施設の医療機関でワクチン接種を受け付けるほか、集団接種会場を市内計九つの各区に1カ所程度設ける予定で、より多くの高齢者が接種を受けられるようにする。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報