HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ジェンマブ日本法人】高木社長「新規ADC上市へ組織構築」‐自社開発・販売にモデル転換

2021年02月16日 (火)

高木実加氏

 デンマークのバイオ企業「ジェンマブ」日本法人の高木実加社長は、本紙の取材に、子宮頸癌の適応で開発中の新規抗体薬物複合体(ADC)「チソツマブベドチン」の国内上市に向け、海外拠点に先駆けて自社で開発から薬事申請、販売を行える組織構築を進めていることを明らかにし、「発売から3年後には抗体医薬品に強い癌領域のリーダー的存在と認知されることを目指したい」と意欲を示した。

 ジェンマブは、デンマーク、オランダ、米国、日本に拠点を持つ抗体医薬品の研究開発に強みを持つバイオ企業。主に第I相試験から第IIa相試験までの研究開発を行い、他社に導出するビジネスモデルで事業を展開し、これまでに抗CD38ヒトモノクローナル抗体「ダラツムマブ」、抗CD20ヒトモノクローナル抗体「オファツムマブ」、甲状腺眼症治療薬「テプロツムマブ」を創出している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報