HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚HD】精神領域で世界トップ級へ‐樋口社長「癌事業は売上倍増目指す」

2021年02月18日 (木)

 大塚ホールディングスの樋口達夫社長は12日の決算説明会で、2023年度までの5カ年中期経営計画の後半に向け、主力品が好調な重点領域の精神・神経領域で「グローバルプレイヤーとしてトップクラスを目指せる数少ない企業」と強調。「大塚の地位を確固たるものにしていく」と述べ、世界売上トップクラスを目指す考えを示した。癌領域に関しては、スペシャリティファーマへの方向性を打ち出し、難治性癌をターゲットに中計期間中に5品目を承認申請し、最終年度には癌事業の売上を18年比で倍増させる方針を明らかにした。

 樋口氏は、19~23年度の5カ年中計の中間年を迎えたことから、後半に向けてアンメットニーズを解決する製品群で成長を目指す方針を表明。特に、抗精神病薬の持効性注射剤「エビリファイメンテナ」、統合失調症治療薬「レキサルティ」など主力品が好調な精神・神経領域について、「グローバルプレイヤーとして世界トップクラスを目指せる数少ない企業」と強調。これら主力品に続き、アルツハイマー病に伴う行動障害を適応とする「AVP-786」、注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬「センタナファジン」などの開発品が控えており、「大塚の地位を確固たるものにしていく」と売上世界トップクラスの実現に意欲を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報