HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬学会】博士課程進学者減に警鐘‐佐々木次期会頭「薬学関連団体で協議の場を」

2021年02月19日 (金)

佐々木次期会頭

 日本薬学会副会頭で次期会頭に就任予定の佐々木茂貴氏(長崎国際大学薬学部教授)は、本紙の取材に応じ、「将来を担う大学院博士課程への進学者が少なく、薬学の教育や研究体制の維持が危機に瀕している」と警鐘を鳴らした。「薬業界全体で危機感を共有する必要がある」と述べ、「今後、薬学関連学会や薬学教育に関係する団体に呼びかけて、解決策を協議する場を設置したい」との考えを示した。

 2020年度の薬学教育6年制課程に基礎を置く大学院博士課程進学者は231人(国公立大学55人、私立大学176人)、4年制課程に基礎を置く博士課程進学者は265人(国公立大学212人、私立大学53人)となっている。博士課程の学生は、将来の教育と研究を担う人材として重要だが、今年度の進学者は合わせて約500人しか存在しない。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報