HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【マイクロ波化学】ペプチド薬など製造効率化‐電磁波で狙った分子に作用

2021年02月25日 (木)

(左から)吉野社長、緒方氏

(左から)吉野社長、緒方氏

 大阪大学発ベンチャーのマイクロ波化学は、電子レンジなどで使われる電磁波「マイクロ波」を活用してペプチド薬など医薬品の製造効率を高めるため、ペプチドリームなどと共同で開発に取り組んでいる。原料の分子をマイクロ波で振動させて反応を促進することで、合成効率を高められる。吉野巌社長は「製造コストダウンにつながるマイクロ波の活用は、製薬企業のニーズにも合うはず」と期待を語る。

 同社は、化学分野などで実績を作り、2017年にペプチドリームとマイクロ波合成装置の共同開発契約を締結。医薬品の製造分野へ本格的に進出した。19年にはペプチド製造に用いるマイクロ波反応装置を開発。ペプチスターの実証棟に導入した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報