HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【慶大医、田辺三菱など】コロナ中和抗体を取得‐国産抗体製剤の実用化へ

2021年02月24日 (水)

 慶應義塾大学医学部、滋賀医科大学、理化学研究所などの共同研究グループは18日、新型コロナウイルスを不活化する能力を持つ中和抗体の取得に成功したと発表した。研究成果を踏まえ、慶大医学部は17日付で田辺三菱製薬と共同研究契約を締結。国産抗体製剤の早期実用化を目指す。

 研究グループは、同感染症から回復した患者のうち高い中和抗体を持つ患者の血液から、細胞侵入に重要な役割を果たすウイルス表面のスパイク蛋白質に対する抗体を作っている免疫細胞を採取。細胞が作る抗体の遺伝子配列を特定し、配列に基づいて人工的に抗体を作製した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報