HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬セミナーで報告】タスクシフト、薬物治療の質向上‐業務負担軽減に上乗せ効果

2021年02月24日 (水)

 日本病院薬剤師会は21日、都内等でセミナーを開き、全国各地の病院薬剤師からタスクシフトの好事例が発表された。プロトコールに基づく薬物治療管理()などの枠組みを活用し、事前に医師と合意した範囲で薬剤師が処方や検査オーダを入力したり、投与量を調節することで、医師や看護師の業務負担軽減だけでなく、薬物療法の効果や安全性向上につながったことが報告された。「好事例をそのまま真似るのではなく、病院によって異なる問題の解決につなげてほしい」と呼びかける演者もあった。

 高知市にある近森病院薬剤部の筒井由佳氏は、癌領域を中心に、薬剤師が医師の代行で処方や検査オーダを入力するPBPMを実施していることを報告した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報