HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬学会第141年会】初の全面オンライン開催へ‐現地開催に近い臨場感確保

2021年02月26日 (金)

 日本薬学会第141年会は3月26~29の4日間、広島市での開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、全面オンラインで開催されることになった。組織委員長の小澤光一郎氏(広島大学副学長・大学院医系科学研究科教授)は「断腸の思い。現地開催を少しだけでも残したかったが、予想外に現地に参加者が集まり会場に入れないという事態も起こり得る。最終的には参加者の安全を重視し、現地開催は見送った」と語る。ただ、基調講演や特別講演、シンポジウムの発表はほとんどがライブ配信で行われるなど、現地開催に近い臨場感で参加できるとしている。

 組織委員会が準備を開始したのは約3年前。まず、ポスター発表会場として広島県立体育館、メイン会場として広島国際会議場を確保した。これらの会場は1キロ以上離れているため、広島市が保有する電動自転車を参加者の移動に活用してもらうなど、様々なアイデアを温めてきた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報