HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬協】中山会長「国民納得の薬価制度必要」‐新薬評価プロセス改善へ

2021年03月26日 (金)

中山会長

 日本製薬工業協会の中山讓治会長は23日、都内で記者会見し、医薬品の多様な価値を反映させるため、2022年度薬価制度改革に向け、国民に分かりやすい新薬の評価システム確立を検討していく考えを示した。中山氏は「薬価に関する国民の納得性を高める必要がある」と述べ、薬価算定の透明性向上を目指し、新薬の評価体系を再編して、評価プロセスを改善するよう提言した。

 中山氏は、初めての中間年改定となった21年度薬価改定について、「日本の薬価制度の信頼性が毀損された」と批判。「国内市場でのイノベーション推進に極めて深刻な打撃を与えた」と指摘し、今後日本で新薬開発が滞る可能性があると訴えた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報