HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】費用対評価案を初公表‐テリルジーとキムリア

2021年03月26日 (金)

 中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門組織は24日、慢性閉塞性肺疾患()治療薬「テリルジー100エリプタ」と白血病治療薬「」の費用対効果評価案を総会で示し、了承された。2019年4月に同制度の運用開始後、総合的評価が公表されるのは初めてとなる。今後、総合的評価をもとに両製品の価格調整を行う。

 同制度は、市場規模が大きいか著しく単価が高い医薬品・医療機器を評価対象とし、保険償還の可否判断ではなく、一旦保険収載した上で価格調整に用いるとされている。今回、評価対象となっている14品目のうち、テリルジーとキムリアの総合的評価を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報