HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【京大iPS研など】ラロキシフェンなど効果‐抗コロナウイルス作用示す

2021年04月09日 (金)

 京都大学iPS細胞研究所などの研究グループは6日、ヒトiPS細胞などを用いて新型コロナウイルスに対する既存薬の抗ウイルス作用を確認したところ、閉経後骨粗鬆症治療剤の「ラロキシフェン」など2品目で効果が確認されたと発表した。同剤では、コロナウイルスが宿主細胞に侵入することを妨げる役割を果たしていることが分かった。研究成果は、7日付の欧科学誌に掲載された。

 新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、エボラ出血熱などRNAウイルスは、世界的、局所的な大流行を引き起こし、繰り返し出現するものが多い。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報