HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【信州大グループ】CAR-Tの医師治験開始‐世界初のGMRターゲット

2021年04月13日 (火)

 信州大学医学部附属病院小児科の中沢洋三教授らの研究グループは、急性骨髄性白血病と若年性骨髄単球性白血病の患者を対象に、世界初となるGM-CSF受容体を標的とするキメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法の医師主導第I/II相試験を開始したと発表した。治験製品は同院で製造し、品質管理も手がける。シーズ開発からヒト初回投与までアカデミアで行う「オールイン・ワン型創薬」モデルにより、CAR-T細胞療法の開発を加速させたい考えだ。

 CAR-T細胞療法は、癌患者のT細胞を体外に取り出し、癌細胞に対する特異性と攻撃力を高める遺伝子を組み込み、体内に戻す治療法。癌免疫療法と遺伝子治療の長所を組み合わせているのが特徴で、腫瘍免疫回避機構を克服する次世代の癌治療法と考えられている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報