HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【MSD】キイトルーダ再算定で減収‐タトル社長「売上数量増も、打撃大きく」

2021年04月23日 (金)

タトル社長

 MSDのカイル・タトル社長は20日、オンライン上で開いた記者会見で、2020年の売上高について主力の抗癌剤「キイトルーダ」が大幅に伸長したものの、薬価改定での再算定が直撃し、7.1%の減収に落ち込んだと報告した。出荷量ベースでは前年比で11%伸び、「キイトルーダ」は30%以上成長したが、タトル氏は「(再算定で)売上に数量増が反映されていない」と強調。「投資のリターンがなければビジネスの持続性が損なわれる」とし、イノベーションが正しく評価される薬価制度の見直しを求めた。

 同社の20年売上高は、前年比7.1%減の3481億円となった。タトル氏は、出荷量ベースで大幅に成長したキイトルーダについて「様々なチャンスがある」と強調。23年までに20の追加適応を取得する方針を明らかにした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報