HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】手代木社長「コロナ終息を最優先に」‐ワクチン早期承認目指す

2021年05月13日 (木)

 塩野義製薬の手代木功社長は10日、ウェブ上で開いた決算説明会で「感染症のリーディングカンパニーとして新型コロナウイルス感染症の早期終息に最優先で取り組む。ヒト、モノ、カネの全ての資源を投下する覚悟」と決意を語った。今年度内に、条件付き早期承認等の適用によるワクチンの早期実用化や同感染症治療薬の臨床試験開始、承認取得などを実現させたい考えを示した。

 同社の遺伝子組み換え蛋白ワクチンは、現在国内で第I/II相試験を実施中。第III相試験の年内開始に向けて準備を進めているが、他社のワクチンが普及する中、プラセボ群を設定して大規模な第III相試験を実施するのは世界的に難しいのが現状だ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報