HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【美商堂製薬】ニガヨモギ成分でHIV抑制‐製薬企業との連携視野に

2021年05月13日 (木)

中村氏

中村氏

 欧州各国で作られている薬草系リキュールの一つであるアブサン。その原料であるニガヨモギから、抗ウイルス活性を見出した国内スタートアップ「美商堂製薬」は、主に化粧品や雑貨品の原料としてニガヨモギ由来成分を訴求している。既にヒト免疫不全ウイルス()の抑制効果を確認しており、昨年9月に特許取得に至った。今後は、新型コロナウイルスに対する効果のエビデンス取得も目指し、長期的な展望としては、製薬企業と連携した医薬品開発も視野に入れる。

 美商堂製薬は、植物や天然物を活用した原料や素材を開発するスタートアップで、開発製造受託やコンサルティングも並行して手がけている。アブサンで着想を得てから約20年を経た2016年に、スイスのアブサン栽培協会とニガヨモギの供給に関する協定を締結し、ニガヨモギ由来原料のビジネスを本格的に開始。同協会からニガヨモギを調達し、国内で抽出工程を行い、原料として化粧品メーカーなどに供給している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報